Search this site.
PROFILE
学生生活 観察 絵日記

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
OTHERS
SPONSORED LINKS

九大社会学@箱崎

<< 坂岡先生のお誕生日会 | main | 鈴木先生のお誕生日会! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
五島聞き取り調査(1/14・15)
こんにちは。
2度目の執筆、学部4年の江口です。
卒論書き終わりました。長かった…

1/14(出発は1/13の夜)〜1/15の期間で、五島へ聞き取り調査に行ってきました。
遅くなりましたが、ご報告させていただきます。
いつもより少し長めの記事ですが、どうぞお付き合いください。


1/14、調査1日目、聞き取り前の打ち合わせ光景です。

調査依頼をされた「ソトノマ」さんの店内で、打ち合わせをさせていただきました。
なんだろう。初めて来たのに、少し懐かしいこの感じ。


真剣に打ち合わせです。

いざ出発。

地図を頼りに、お宅を探します。迷子にならないように。ならないように。
お時間を割いて聞き取りに応えてくださる方々のためにも、精一杯聞き取りを行いました。


半日足らずではありましたが、集中して取り組んだせいか、ぐったり…
そんなときには…

五島の料理!魚!おいしい野菜!
「ソトノマ」さんからのおもてなしに、感激です。
明日も頑張れる〜↑


民生委員さんを囲んでの、集合写真です。
今回の調査にご協力していただきました。
僕のつたない聞き取りについて助言をしてくださるなど、本当にお世話になりました。
聞き取りは何度経験してもなかなか上手にできなくて、難しいのですが、
こうして助けてくださる方々のお蔭で、2日間頑張れました。


「ソトノマ」オーナーの有川和子さんです。
調査の最初から最後までご厚意に甘えさせていただきました。



「ソトノマ」の有川智子さんです。
先輩として、貴重なお話をたくさん聞かせていただきました。


夜も明けて。2日目。

前日の反省を確認。1日目と同様、聞き取り調査を行いました。

今回の聞き取り調査は、うまくいったこと、いかなかったこと、どちらもたくさんありました。
それだけに、得ることもたくさんありました。
何より印象的だったのは、五島の方々の元気なお姿。
2日間聞き取りをし続けるという、今までにないハードな聞き取りだったにも関わらずやり遂げられた一つの理由には、
知らず知らずのうちに、五島の方々に元気をいただいていたことがあるかもしれません。

簡単ではありますが、以上で報告を終わります!


お・ま・け

実は、聞き取りの後、有志で五島を観光しました。
その際にも「ソトノマ」の方々、並びに民生委員さんにはとてもお世話になりました。
思い出がたくさんありすぎて書ききれないので、厳選した写真を掲載しておきます。
携帯で撮ったものなので画質がよくないですが、ご了承ください。

「ソトノマ」の方のご厚意で夜釣りをしました。

カサゴを釣り上げる大戦果を挙げた学生もいました!
僕は離れたところで地球釣ってました。


映画「悪人」の舞台となった灯台です。
民生委員さんに案内していただきました!
ここ、結構高い位置にあります。怖かったです。


思わず言葉を飲む風景(落ちそうとかではなく)。
五島の魅力の、ほんの一端を体験させていただきましたが、とても心洗われる経験でした。
また、夏に来たいです。


それでは、失礼します。
| イベント | 00:06 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:06 | - | - | pookmark |
お返事遅くなってしまいました。

素晴らしい体験でした。人も食べ物も自然も、五島は全部揃ってます!

五島の自然は、夏が一番いいそうですよ!(海とか)
日焼け対策だけしっかりしてくださいね^^
| 江口 | 2014/02/28 4:59 PM |
これが噂に聞いた五島調査か!

貴重な体験と、素敵な出会いに恵まれたみたいでよかったね( ´ ▽ ` )

この経験をこれからにいかしてね。

てか、五島をエンジョイしすぎ(笑)
私も同行したかった>_<
| 野中 | 2014/02/08 12:56 PM |









http://q-u-sociology.jugem.jp/trackback/140